FXでのスワップ運用


短期から長期へ

FXでの取引は刻一刻と変化する為替レートと見て、その状況に適した為替の売買を行うこと、短期型の取引が主流の中で、長期での運用の方法もあるのです。
FX投資の長期型と呼ばれる取引方法にはスワップ運用を利用したものを指します。
このスワップですが、一般的な解釈として普段売買をおこなっている短期型の取引よりも安心して、小さなリスクで取引が出来ると思っている人は多数いますが実はこのスワップには問題点がいくつか存在しています。

たしかにスワップは安定した取引が出来る方法かもしれませんが、いくつかの例でその危険性についても紹介されています。
例えば、もしも取引通貨が購入した外国通貨の相場が10円下落したとします。1万単位で取引をしていた場合には14万円の損失となるのですが、さらに10万単位、100万単位と購入しているともっと大きな損失として帰ってきます。
なかには、これぐらいの損失は許容範囲という剛の人もいるかもしれませんが、もしもこの時に短期の売買から長期の売買へ以降していた投資家がいた場合には、長期で見る感覚をもっていないことで、今までのように数日で値が戻ると思っていると損切りをしないままズルズルと落ちるところまでいってしまう可能性があるのです。
どんどん下落していく値を為替レートを見ながら、「もうすぐ戻る、もうすぐ戻る…」と思っていても精神的には厳しく、更に損切りをするタイミングを計ることが慣れていないので見逃してしまう可能性もあるのです。
FXのスワップ運用を考える場合には短期売買と長期売買の違いについて、また特性を把握して行うのが懸命です。


 


探偵BSS よい情報をより正確にお届け
探偵に関する情報をより正確にするために、掲示板で書かれる内容の整理をしよう。

感情的な離婚で失敗しないために
離婚で失敗しないための方法と、離婚の為に準備することをまとめて紹介したサイトです。




FXの長期取引スワップ運用の罠